<症例報告>5年前からの腰椎分離すべり症が改善され子供を抱っこすることができるようになった30代男性の症例報告

<症例報告>5年前からの腰椎分離すべり症が改善され子供を抱っこすることができるようになった30代男性の症例報告

Iさん 30代 男性 介護士 名古屋市瑞穂区

<症状>

腰痛、右脚の痛み・しびれ

<経緯>

5年前に仕事で介助をしていた際に腰を傷めた。

傷めた際に近くの整形外科に行くと、腰椎分離すべり症の診断を受けた。

 

疲れが溜まったり、夜勤で寝不足だと右脚のしびれが出てくる。

 

それからは、整形外科で電気治療やマッサージを行っていたが、その時だけ少し良くなるだけですぐに痛みが出てしまうとのこと。

 

最近は新たに背中の痛みも出てきたのと、産まれたばかりの息子さんも短時間しか抱っこができない状態なのでなんとかしたいという思いで来院された。

 

<検査>

腰椎を回旋させた際は左右どちらにも硬さがある。

 

立位で前屈をすると、少し前屈しただけでも腰と脚に響くとのこと。

 

仰向けで検査を行う際に仰向けで寝ると腰と脚に痛みがあり、長時間仰向けで寝ることができない状態。

 

<施術>

初回施術

初回は体液(血液・リンパ液・脳脊髄液)の循環を上げる施術を行った。

施術後は立位で前屈した時に先ほどよりも前屈できていたので、初回の施術はここで終了。

 

施術2回目

初回から1日が経過。

 

前回施術を行ってから、施術後は腰の痛みは初回来た時よりも良かったとのこと。

しかし、仕事が始まると介護施設利用者さんの介助などもありまた腰が痛くなってきた。

 

 

施術後に腰痛がいつもより楽ということは、施術の方向性としては間違っていない。

では、なぜ負荷がかかるとまた痛みが出てくるのかというと、5年前から悪い状態だったので今の良い状態を維持することが出来ないから痛みが出てくる。

 

しっかりと、施術を積み重ねていくことで良い状態が体に馴染んでくるのでだんだんと痛みも無くなってくると説明を行った。

 

施術3回目

初回から8日経過。

 

体を動かしている時の痛みはまだ変わらないが、何もせずにじっとしている時の腰の痛みは少し減ってきたとのこと。

 

当院独自の検査を行ったところ、腎臓に反応あり。

腎臓に反応があるからといって疾患などがある訳ではないが、臓器の位置などによって反応が出ることがある。

 

腎臓は、姿勢の悪さや水分の不足で硬くなる。

腎臓には大腰筋という股関節や腰を支える筋肉が付着しているため、腎臓が硬くなると、大腰筋も硬くなる。

大腰筋が硬くなると股関節や腰周りも硬くなり、より腰に負担が掛かり腰痛が出ることがある。

 

自宅で出来るセルフケアとしていつもより、水分を摂るということを意識してもらうことにした。

 

施術8回目

初回から35日目。

 

今までは夜勤中に腰や脚に痛みが出て休み休み仕事を行っていたが、前回施術を行ってからは休むことはなかった。

 

しかし、朝方の腰の痛みはあるとのこと。

 

施術13回目

初回から62日目。

 

今回はストレッチポールを使い首や肩といった上半身の硬さを取っていく施術を行った。

 

ストレッチポールの施術後は、仰向けで膝を曲げ左右に倒した時腰の張りが減ったとのこと。

 

Iさんに一番最初当院に来て頂いた時の腰や脚の痛みを数字で表すと10だとして0が何もない状態だとすると最近はどのぐらいか尋ねると5〜6との返答あり。

 

施術30回目

初回から173日目。

 

Iさんのお身体をみていくと、膝と足首の硬さもある。

膝や足首が硬いと股関節や腰にかかる負担が大きくなってしまう為、膝と足首の施術を行った。

 

足首の捻れが起こることによって皮膚と筋肉の間にある筋膜という全身タイツのように全身を覆っている膜が、足首で引っかかる。

 

すると、足首で捻れた筋膜がだんだんと膝や股関節、腰といったようにだんだんと上の方にも捻れを出し腰痛が起こることがある。

 

この時の腰や脚の痛みを数字で表すと3ぐらいとのこと。

 

しかし、長い距離歩いても大丈夫なようになりたいということなのでこれからも続けて施術を行っていく。

 

 

<今回の症状のまとめ>

今回のIさんの腰痛に関しては、腰椎分離すべり症がありましたが腰椎分離すべり症もいきなり起こる訳ではありません。

 

体が悪くなってしまう順番としては、

 

体液の流れが悪くなる→疲労が溜まり姿勢が悪くなる→背骨や関節が硬くなる→痛みが発生する

 

このような流れで痛みが出ます。

 

腰椎分離すべり症は背骨が硬くなってしまい、その状態で日常生活を過ごしていると背骨にストレスがかかり分離すべり症になってしまいます。

 

腰椎分離すべり症でも根本的な原因としては体液(血液・リンパ液・脳脊髄液)の循環の悪さ、歪みを取り除くことが今回のポイントでした。

 

 

「腰椎分離すべり症がありどこに行っても良くならない・・・」

「痛みがあり思うように体を動かすことが出来ない・・・」

 

このようなことでお悩みの方は、ご自身が考えもしない箇所に根本的な原因があるかもしれませんので、一度当店までご連絡下さい!

 

今なら初回限定63%OFFの3000円で腰痛の施術を行っておりますので、腰痛でお悩みの方は是非、お気軽にご来店ください。

 

腰痛についてもっと詳しく知りたいという方はこちらをクリック!

著作者

久司 愛菜

ひなた整体院の施術スタッフ。

入社2年目で100名以上の顧客を持ち、毎日の施術と勉強会で技術を高め、健康知識を広げるために毎月栄養学を学び、「出来る限り多くのお客様を幸せにしたい!」という思いで日々奮闘中!!

ひなた整体院

手書き地図