親が注意しても改善しなかった子供の姿勢が改善!注意だけではよくならない本当の理由

親が注意しても改善しなかった子供の姿勢が改善!注意だけではよくならない本当の理由

 

名古屋市瑞穂区、昭和区の皆さんこんにちは!

昭和高校のすぐ側にある、ひなた整体院の宮田です!!

 

最近、小学生〜中学生ぐらいのお子さんを連れて「子供の姿勢がいくら注意しても改善しないので、一度見て欲しい」と言われて来院される方が増えています。

 

それもそのはず、最近は外で遊べるゲーム機や携帯でのアプリなど姿勢が悪くなる原因はいくらでもあります。

 この間も知り合いのマンションに行った時にエントランスで子供たちが丸くなってゲーム機で遊んでました(笑)

 

姿勢が悪くなるのは生活習慣の問題

やはり姿勢が悪くなってしまうのはまず、生活習慣が一番の要因だと考えられます。

 先述した通り、ゲームをしている時や食事や勉強をしている時に体が丸くなってしまって肩や頭が通常より前に出てしまったり、骨盤が前傾になってしまいます。

こうした歪みが起こると、体全体の循環も悪くなってきますので悪い姿勢がだんだん定着して戻りにくくなります。

 

これをそのままにしておくと・・・。

この部分をそのままにしておくと、将来的に肩コリや腰痛などの問題が出てきてしまいます。

 早いと小学生からコリが出たりすることもあるので、子供が痛みなどを訴えたら早急に整体院や接骨院などで診てもらった方がいいですね。

 

よりひどくなった場合は「腰椎分離症」と言って、骨盤が前傾になり腰の骨が通常よりも沿ってしまう状態になることで腰の骨に過度なストレスがかかり疲労骨折になってしまうことも多いんです。

 

姿勢が悪くなると体が正しく動かない??

姿勢が悪くなってくると、体がだんだん動かしづらくなってしまいます。

 これは大人の方でも同じですが、歪みや骨が正しい位置にないと正常な動きができなくなってしまうので体に負担がかかりやすくなります。

 これが続いてくると、

体が疲れやすくなる→辛い状態を回避しようとして、さらに歪ませる→さらに姿勢が悪くなる→コリや痛みが発生してしまう。

 こんな感じで身体が悪くなってしまうんですね。

 

なので子ども注意をしても姿勢を良くしても、根本的な部分は改善されていないのですぐに姿勢が悪くなってしまうんですね。

根本的な歪みや循環の問題を改善させることで、いい姿勢を保つ体力がつくようになりますが、それでも普段の姿勢は気をつけなければいけません。

 

親の姿勢が悪いと子供も悪くなる??

姿勢が悪くなる要因としてもう一つ挙げられるのが、「お母さん、お父さんの姿勢」です。

 子供は小さい頃はお母さん、お父さんを見る時間が圧倒的に多い為、それを記憶していきます。

 なのでお母さんやお父さんの姿勢が悪いと子供もだんだん似たような姿勢になってしまうんですね。

 現に「子供の姿勢を改善したいんです」と言って来院されたお母さんの姿勢を見ると猫背になっているか、肩こりなどの症状がありますね。

 

 今後のために

今回は子供の姿勢についてお話をしていきました。

大人になってしまうと関節や筋肉は硬くなってしまうので、なるべく早いうちに姿勢の改善はしていった方がいいですね。

 その為にはしっかりとした施術で改善したり、お母さん、お父さん自身が姿勢を気をつけることも重要になります。

 

早い段階で姿勢を改善すると将来的な肩こりや腰痛、運動でのパフォーマンスの向上など得られることは非常に多いので早めに対策をしていってくださいね。

 

 

もし今回の記事のように悩んでいるお父さんお母さんがいましたら、ぜひ一度ひなた整体院に連絡をしてください☆

ひなた整体院

手書き地図