これからの寒い時期は要注意!寒さによって引き起こされる痛みの原因と2つの対処法

これからの寒い時期は要注意!寒さによって引き起こされる痛みの原因と2つの対処法

 

名古屋市瑞穂区、昭和区の皆さんこんにちは!

昭和高校のすぐ側にある、ひなた整体院の宮田です!!

 

ついこの間まで暑いな〜と思っていたら、ここ最近急激に寒くなりましたね(笑)

風邪も引きやすい時期になってきますので、くれぐれも体調管理には注意してくださいね!

 

そしてこんな寒い時期になると、こういった事はありませんか?

 

・頭痛が急に出てきた

・以前痛かった腰痛が出てきた

・よくなった肩こりがまた突然再発した

 

など、寒くなったりするとこんなことが起こりやすくなります。

 

ではなぜ、寒い時期になるとこういう症状が出てくるのでしょうか?

 

原因は末梢神経が関係している

人の体には末梢神経というものがあり、人の体の末梢部分に伸びている神経になります。

この神経は、筋肉と筋肉の細い隙間を通ってるので筋肉の状態によって影響をだいぶ受けやすくなってしまうんですね。

 

なのでこの時期になると、寒さで筋肉が硬くなりやすいので当然神経を圧迫してしまいます。

昔から神経に負担がかかる状態で痛んでいたりすると、末梢神経は痛みなどの刺激を体に伝える役割があるため、痛みやシビレといった問題を引き起こしてしまいます。

他にも、筋肉も同様に血液の流れが悪くなり毛細血管が少ない場所に痛みが出てくるときもあります。

 

痛みが出てきた時は自分の身体を見直すタイミング

痛みが出てきたこのタイミングというのは人によっては、

「うわっ、また痛くなってきた」

などとマイナスに捉える人も多いかと思います。

 

しかし、これは「あなたの身体の弱い部分がここだよ」と身体が教えてくれているサインです。

捉え方によっては「今が身体をしっかりと改善させるので一度、診てもらおう」という気持ちにもなるはずです。

 

これは「痛みがないから大丈夫」と放っておくと、今よりもさらに痛みが出てくるかもしれません。

寒さによって痛みが出た時の2つの対処法

1:温める

これは一番身近で誰でもできるものです。

血液の流れを良くしていくにはお風呂にゆっくり浸かって身体を芯から温めてください。

良く冬場でもシャワーで済ませてしまうという人もいますが、痛みが出た時はしっかりお風呂に入りましょう。

そして、どうしても痛みが取れない場合は温湿布や貼るカイロなども有効です。意外と身体の深部にまで温めて血液の流れが良くなることで痛みが緩和されることもあります。

 

2:身体の歪みを改善させる

接骨院や整体院といったところで、しっかりと身体のバランスを整えてください。

身体の歪みを改善させることで、弱った筋肉や神経にかかる負担を軽減させることができ、さらに血液の流れが良くなるので血管数もだんだん増えていきます。

そうすると痛みも緩和され、残っている身体の問題を解決していくことで再発しにくい身体にしていくことが可能です。

 

今後のお身体のためにもしっかりと調整をしてください。

 

最後に、

痛みが無くなっても安心はできません。

 

痛みが無くなっても身体に対して意識を高く持ち、定期的にメンテナンスをしながら安心できる身体の状態を目指しましょう!!

ひなた整体院

手書き地図