朝起きた時の腰の痛みはなぜ起こる?!その原因と対処法!!

朝起きた時の腰の痛みはなぜ起こる?!その原因と対処法!!

 

名古屋市瑞穂区、昭和区の皆さんこんにちは!

昭和高校のすぐそばにある、ひなた整体院の宮田です!!

 

 

今日は当店に通われている方の中でよくある質問の中から「朝起こる腰痛の原因と対処法」についてお話をしていきますね。

 

 

このブログを見ている方の中に、

「朝気分良く起きたいけど、なんかいつも腰痛いな〜」

と感じたことがありませんか?

 

朝起きた時にこういった気持ちになってしまうと、1日気分良く過ごせなかったり不快な気持ちになりストレスを溜める人もいるかもしれません。

 

腰痛には色々なパターンがあり、朝痛くなる人もいるし夕方にだんだん痛くなってくる人もいらっしゃいます。

 

今回は朝の痛みにスポットを当てていますが、朝の痛みに関してはだいたい3パターンぐらいあります。

 57a0e3d11b05c42e1bec0b1d0ae4bfce_s

朝起きた時の痛みの種類と原因

朝起きた時の痛みの種類としては色々あります。

 

朝起きた時にだるい感じがある、起き上がろうとすると痛みが出る、寝返りなどを打とうとした時に急激な痛みが出て目が覚めるいったようにその人の症状によって原因や対処法は変わってきます。

 

根本的な問題としては、腰痛は骨格の歪みや内臓のバランスの問題がありますが症状によっては理由は変わってきます。

 

朝起きた時にダルくて痛みが出る時は体液の循環の悪さが問題になっています。

 

これは朝の3時〜5時ぐらいが体温が一番下がる時なので循環の悪さがあるとだるさや痛みがある可能性が高いです。

 

起き上がろうとする時の痛みや目が覚めるような強い痛みに関しては、関節や筋肉を痛めてたり、腰の神経を圧迫してる可能性が高いですね。

 

必ず体を動かす時は関節や筋肉を使いますので、腰に重い感じがなくても動くと痛くなるケースがあったり、神経に触れている場合だとちょっとした動きでズキンとくるので寝返りしようとしただけでも辛いものがあります。

 

刺すような痛みや痺れが出てくる場合はヘルニアや狭窄症の可能性が高いので早急に病院や整体で詳しく体を診てもらった方がいいですね。

 

 朝起きる時の辛い腰痛の対処法

だるい感じやそれに伴う人の場合は体液の循環を上げていく必要があるので、寝る前のストレッチ(しっかりと時間をかけたもの)、お風呂にしっかりと浸るなどの対策が必要です。

 

体は冷えてくると硬くなりやすくなり、同じ姿勢を続けると内臓の位置が下がり循環が歩くなってしまいます。

 

 筋肉や関節を痛めている人は柔らかすぎるマットレスや布団を使っていると、寝返りが打ちづらくなり関節に負担がかかったままになります。

 もし柔らかいマットレスや布団を使っているならば、少し硬めのものに変更をすると痛みが和らぐかもしれません。

 

その他には、水分を飲むことで筋肉や内臓が柔らかくなるので関節や痛めている筋肉への負担が少なくりますので痛みが出にくくなります。

 目が覚めるような痛みの方は先述したように、ヘルニアや狭窄症の可能性があるため必ず一度病院でしっかり検査を受けて症状の確認をしてください。

 

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s 

まとめ

 

朝起きた時の原因と対処法はいかがでしたか?

症状によって痛みが出る理由はいろいろなものがあります。

 

ここで対処を間違ってしまうと、痛みが長引いてしまうこともありますし悪化することもあります。

 

さらに、根本的な問題は歪みなどの問題なので腰だけではなく他の肩こりや首の痛みなどの他の症状も出てくる可能性が高くなってしまうので早めに対処をするようにしてくださいね☆

 

 

ひなた整体院

手書き地図