<症例報告>クシャミで響くほど痛みが強かった腰痛が2ヶ月で痛みなく日常生活を送れる様になった50代女性の症例報告

<症例報告>クシャミで響くほど痛みが強かった腰痛が2ヶ月で痛みなく日常生活を送れる様になった50代女性の症例報告

Sさん 50歳 女性 天白区

 

<主訴>

腰痛

 

<症状の経緯>

来院される1週間前にジムでトレーニングをしていたところ腰と太ももの裏に電気が走った様な痛みが出てくる。

 

今までは腰痛が出てもストレッチをすると痛みは引いていたが今回は全く引かず靴下を履く動作まで激痛を伴う様になる。

 

<検査>

座位で上半身を検査していくとまず肩の高さが左右で揃っておらずそれに伴い肩の可動域も左右差がある状態。

 

腰部の回旋運動も正常可動域まで出ておらず痛みを誘発してしまう。

 

首の回旋の動きは良いがこれも左右差がある状態。

 

<施術>

初回施術

 

まず、歪んだ骨盤が連動して体全身を歪ませているので骨盤と首のバランスを整えて体液(血液。リンパ液、脳脊髄液)の循環を良くする施術を行った。

 

施術後は肩の高さが揃い骨盤の捻れも整う。

 

体の可動域は腰、肩、首ともに拡大するが痛みはまだ残る状態。

 

その後に内臓の調整や仙腸関節の調整を行うと可動域はその都度広がっていくが痛み自体はあまり変わらなかった。

 

施術後に動きは良くなるが、なぜ痛みが引かないかの説明をして初回の施術を終える。

 

施術2回目(初回から2日経過)

 

前回施術をした後からの状態を聞いていくと痛みは少しだけ引くがまだまだ残るとのこと。

 

検査をしていくとか可動域は前回終了時よりも硬くなっていて左右差も出て来ている。

 

今回も前回と同様にまず体液の循環をよくしていく施術を行うと可動域が上がったので、施術の方向性は間違いでは無いということを伝えた。

 

その後に足首を見ていくと背屈制限が出ていて下腿に捻れがでていたので足首の調整を行う。

 

施術後は腰の可動域が拡大し痛みを伴わなくなった。

 

施術3回目(初回から5日経過)

 

前回施術後から痛みなく生活を送ることができているとのこと。

 

ただ、まだ体の動きが固く痛みが出て来やすい時期なので今はまだ、ジムでのトレーニングを控えてもらう様にお願いをした。

 

腕の張りが前回より強くなっていることに気がついたので循環を上げていく施術と合わせて、肘関節の調整と肋椎関節の調整を行った。

 

施術後に首や肩の可動域が拡大した。

 

腕に力が入りやすいと肩や首にかかる負担も大きくなってしまい痛みやダルサを引き起こしてしまう可能性があるので最後に肩と首の動きをよくするセルフストレッチを伝えて今回の施術は終了。

 

施術8回目(初回から35日経過)

 

3回目以降痛みは落ち着き日常生活も影響なく生活をすることができているとのこと。

 

ただ、まだ体の動きが硬い時があり疲労が溜まると痛みが出てくることがあるので継続して施術を行っていく。

 

 

<今回の症状のまとめ>

今回のSさんの症状は腰痛ですが、腰痛は急に発症するものではありません。

 

腰痛は体液の流れが悪くなることで疲れがたまりやすくなり、体が楽をしようと姿勢を歪ませて余計な緊張が出ることにより発症するものです。

 

なので、今回の腰痛の根本的な原因は体液(血液・リンパ液・脳脊髄液)の循環の悪さを解消することがポイントでした。

 

 

「クシャミが腰に響く・・・」

「腰痛が気になり家事に集中できない・・・」

 

このようなことでお悩みの方は、ご自身が考えもしない箇所に根本的な原因があるかもしれませんので、一度当店までご連絡下さい!

 

今なら初回限定63%OFFの3000円

腰痛の施術を行っておりますので、腰痛でお悩みの方は是非、お気軽にご来店ください。

 

腰痛についてもっと詳しく知りたいという方はこちらをクリック!

 

著作者

丸山 慎矢

ひなた整体院の施術スタッフ。

専門学校の時に学んだスポーツ整体の知識と循環・歪み改善整体の技術力を生かし、腰痛・肩こり・手足のしびれ・耳鳴りなど様々な症状のお客様のお悩み事を解決している。月1回の技術勉強会にも参加をし、より多くのお客様の健康を願い技術力を向上させている。

ひなた整体院

手書き地図