名古屋市瑞穂区のひなた整体院| » <症例報告>タイトル「腰椎ヘルニアの手術をしても良くならなかった脚のしびれが改善した経緯」

名古屋市瑞穂区のひなた整体院 TOP > ブログトップ > » <症例報告>タイトル「腰椎ヘルニアの手術をしても良くならなかった脚のしびれが改善した経緯」
<症例報告>タイトル「腰椎ヘルニアの手術をしても良くならなかった脚のしびれが改善した経緯」

<症例報告>タイトル「腰椎ヘルニアの手術をしても良くならなかった脚のしびれが改善した経緯」

Y.Fさん 52歳 女性 パート保育士 名東区在住

<主訴>

腰の痛み、左脚のしびれ

 

<症状の経緯>

Fさんは7〜8年前から慢性的な腰痛がありましたが、そこまで強い痛みでは無かったため特に治療などは行っていませんでした。

 

しかし、昨年の10月に激しい腰痛と左脚のしびれも出てきたため、整形外科に行くと腰椎ヘルニアと診断されすぐに腰椎ヘルニアの手術を行いました。

 

手術を行う前は動けないほどの痛みがありましたが手術を行ってから、痛みは無いとのことです。

ただ、ヘルニアが原因で出ていると言われていたしびれが手術前と変わらずあり、ヘルニア以外に原因があるのではないかと思い来院されました。

 

<検査>

全身の検査を行っていくと、肩の動きは良いのですが、腰椎を回旋させた時、通常であれば85°〜90°近く動くはずなのですが、Fさんの場合は左を向いた時が60°くらいで右を向いた時が45°くらいと右を向いた時の方がきつい状態でした。

 

その他にも調べていくと仰臥位で膝を90°に曲げて足を左右に倒していくと、右よりも左に倒した時に左の内ももにつっぱりが出るとのことで、左右差もあります。

 

<施術>

初回施術

初回は体液の循環(血液・リンパ液・脳脊髄液)をあげて関節の硬さを取り除く施術を行いました。

 

通常だとこの施術で体の動きに変化が出るはずなのですが、変わらなかったためヘルニアの手術を行った手術痕を緩めるように施術を行うと、内もものつっぱりが少しなくなり体の動きに変化が出たので初回の施術はこれで終了です。

次回は明日に来て頂きます。

 

施術2回目

初回施術してから1日経過。

 

前回施術を行ってからは、体の動きは良くなったのはあるが痺れ自体はまだ変わっていないとのことでした。

 

Fさんは扁平足ということもあり、足首が硬く膝の硬さまで出ていました。

足首が硬くなると、皮膚と筋肉の間にある筋膜という全身タイツの様な全身を覆う膜が捻れてしまい腰や脚に症状が出ることがあると説明を行いました。

 

施術3回目

初回施術をしてから4日経過。

 

2回目の施術を行ってから太ももの内側のしびれが少し良くなり、左膝の方にしびれが集中する様になったとのことでした。

 

今回も前回と同様に膝と足首を調整していきます。

 

施術4回目

初回施術をしてから8日経過。

 

人の体は問題になっている部分に手を当てると、痛みが軽減したり体の動きが良くなったりすることがあるので、Fさんにも検査を行ってみました。

 

そうすると、おでこに手を当てた時にしびれが少し軽減したり、体の動きが良くなったのでストレスの有無などを確認すると、しびれがあることで仕事に行けていないので早く仕事復帰しないといけないというプレッシャーがあるとのことでした。

 

おでこには自律神経がたくさん集まっているので、ストレスや考え事が多いと頭蓋骨の硬さが出て来たり、自律神経の乱れにも繋がることがあると伝えて頭蓋骨の硬さを取っていく施術を行います。

 

施術5回目

初回施術をしてから15日経過。

前回、施術をしてからは太もものしびれも少しおさまり、開脚が出来るようになったとのことだったので、一番最初に来店された時の脚のしびれを数字で表して10だとして、しびれも何も無い状態が0だとすると最近はどのぐらいか尋ねたところ4ぐらいとの返答があり、今まではセーブしていた仕事も出来そうなので少しずつ始めてみることになりました。

 

最初の方は良くなってきたとしても、根本的に改善された訳では無いのでまたしびれが出たり無くなったりを繰り返すことがあると伝えていきました。

 

施術10回目

初回施術をしてから33日経過。

 

仕事に行き始めてから、腰に少し重さが出てきたとのことでしたが今まで出来なかった正座が出来ると喜んで頂けたので良かったです。

 

しびれは少しずつ良くなってきていますが、仕事後の腰の重さもまだ残るためより良くしていくために続けて施術を行います。

 

<今回の症状のまとめ>

今回のFさんの脚のしびれの原因は腰椎のヘルニアもあったとは思いますが、体液(血液・リンパ液・脳脊髄液)の循環の悪さ、膝や足首の硬さを取り除くことが早期改善のポイントとなりました。

 

腰椎ヘルニアというのは骨と骨の間の関節が狭くなることによって、椎間板が後ろに飛び出してしまい椎間板が神経に触れ、脚のしびれや痛みが出るものです。

 

しかし、腰椎ヘルニアというのはいきなり起こる訳では無くて体液の循環が悪くなり、体に老廃物が溜まると体は疲労を感じやすくなります。

 

そうすると、疲労を回避するために姿勢を崩し猫背の様な姿勢になると背骨一つ一つに負担がかかり腰椎ヘルニアが起こってしまうのです、、、

 

手術を行ってもしびれが取りきれないということはこういった根本的な所を解決出来ていないと起こってしまうことがあるのです!

 

「手術をしたのに痛みやしびれが取れない・・・」

「仕事に集中したいけれど痛みがあり出来ない・・・」

 

この様なことでお悩みの方は、ご自身が考えもしない箇所に根本的な原因があるかもしれませんので、一度当店までご連絡下さい!

 

今なら初回限定63%OFFの3000円で腰椎ヘルニアによる痛みやしびれに対する施術を行っておりますので、脚の痛みやしびれでお悩みの方は是非、お気軽にご来店下さい。

 

腰椎ヘルニアについてもっと詳しく知りたいという方はこちらをクリック!

 

著作者

久司 愛菜

 

ひなた整体院の施術スタッフ。

入社2年目で100名以上の顧客を持ち、毎日の施術と勉強会で技術を高め、健康知識を広げるために毎月栄養学を学び、「出来る限り多くのお客様を幸せにしたい!」という思いで日々奮闘中!!

 

Pocket

この記事を書いた人
名古屋市瑞穂区ひなた整体院 院長

名古屋市瑞穂区ひなた整体院 院長
宮田 俊明

ひなた整体院で院長を務め、医師やアスリートなどの顧客を抱え年間2,000人以上の施術を行う。月1~2回の勉強会で日々技術と知識を高め、「腰痛がどこへ行っても改善しない」と不安や悩みを抱えているお客様を改善へと導いている。